多くの人が人生で一度は疑問に思う事のひとつかもしれません。ほぼ間違いなく、一国の首相や王族や大金持ちすら同様の事について考える事でしょう。このテーマに関する答えも様々です。ある国においては、人は死んだら天国に行く、ある国においては別の生命に生まれ変わる、ある国においては不滅の魂としてどこかに生き残ると教えられたり、説明されたりします。実際どうなのでしょうか?人類史上最も古く、最も頒布され、最も多くの人に読まれている聖書の中にその問いに対する答えが明記されています。まず創世記3章19節にはあなたは地面に帰る、あなたはあなた塵に帰ると述べられています。更に伝道の書9章5節以降に(コヘレトの書とも言われています)には死んだものには何の意識もなく、報いを受けることもない、彼らの記憶は忘れ去られたのである、愛も憎しみもねたみも滅び失せ、と書かれています。つまり、人は死ぬとなくなる、無になるという事です。何かが死後生き残る訳ではなく、更に魂が何かに生まれ変わるわけでもなく、魂が天国に行くわけでもありません。無なのです。他の箇所においてもその事が述べられています。紙面の都合上割愛致します。つまり聖書の中で一貫して述べられている事柄は、人は死んだら存在しなくなるです。どのように感じますか?非常に明確で簡潔な答えに驚くでしょうか?一方で寂しさを感じるかもしれません。天国に行ったり、魂が生き残ったり、別の生命に生まれ変わったりすればある意味安心感を持てるからです。しかし、聖書の中では死んだ人の状態を淡々と説明しているだけではなく、実は死んだ人に対する希望も述べているのです。

私の死後の願いはどうしても来世は胸の大きい女性として生まれ変わることです。なぜなら、私はこれほど女性の神秘的な胸を愛する人間だからです。現世ではいてもたってもいられなくなりバストアップサプリで全額返金保証で購入までするほどです。どうか神秘的なバストをもつ女性に生まれかわり世の男たちを虜にしたいのです。煩悩のように思われますが、それが私なのです。